私が今まで見てきたドラマで一番好きなのは、瑛太さんと満島ひかりさんが出演していた「それでも、生きてゆく」です。

未成年が未成年を殺害し、その後の被害家族と加害家族の心の葛藤や人間模様の描写するという重い内容にもかかわらず、脚本・役者・映像・音楽などドラマを構成するすべてが素晴らしくて秀逸な作品だと思います。

やはり、まずは役者の方々の演技が素晴らしいところ。満島ひかりさんは何度か映画などで拝見していてその演技力の高さに惚れ惚れしていましたが、瑛太さんがこんなにも上手とは思っていませんでした。何度もドラマで拝見していましたが、こんなシリアスなドラマに出て微妙な心の動きを、これまた微妙な表情や体使いで表現されていてとても良かったです。

満島ひかりさんと瑛太さんが絡む場面では、初めは被害者家族と加害者家族同士なわけだから心を閉ざし合った関係だけれど次第に打ち解けて心惹かれていく描写が描かれていて、二人のたどたどしい会話が何とも独特でこちらまで胸が詰まる思いが伝わってきました。そんな二人のやりとりがドラマの中で一番好きでした。

そして大竹しのぶさん初めわきを固める演技力抜群の俳優陣。出演する人みんなが素晴らしい演技でこんなに堪能できるドラマは他にないのではないでしょうか。

さらには、綺麗な自然を舞台にしているので重いテーマの内容も自然をみると心が軽くなりますし、流れる音楽もあの辻井伸之さんのピアノで気持ちが静められたり高ぶられたり。

本当に全てがそろったレベルの高いドラマだと思います。

青汁を飲んで体の中から健康に!

  • 投稿日:
  • by

毎日の食生活を見直したときに、どうしても野菜が不足しているように思います。 そこで、青汁を毎日飲むことにしました。もともと便秘気味ということもあり、青汁を飲むことで便秘が少しでも解消されたらいいな思ったのも、きっかけの一つです。

今まではゴーヤやバナナ、牛乳などを入れてジューサーでオリジナル青汁を作っていましたが、オリジナル青汁は嫌いでした。ゴーヤは苦く、青臭いため、いつも不味い青汁が完成していました。 また、ドロドロしていて飲みにくいのも嫌いになる原因でもありました。

そこで、市販の青汁を買ってみることにしました。 粉末のものを購入したのですが、とても便利です。ジューサーで作っているときは、ゴーヤを洗って種を綺麗に取り除き、切ったりしなくてはいけないのだ、すごく手間と、時間がかかり面倒でした。しかし、青汁を購入してからというもの時間がないときでも、パパッと青汁を飲めます。

この粉末の青汁ら水や牛乳に溶かして飲んでいます。 最近の青汁は、青汁独特の青臭さがなく、とても飲みやすいです。青汁は飲むだけではありません。 ヨーグルトにかけて食べるのもオススメです。 また、水に溶かした青汁をカレーやシチュー、スープなどのお料理に入れるのも良いかと思います。

この青汁を飲み始めてから、便秘も少しずつ改善されています。 ビタミンも多く含んでいるので、お肌の調子も絶好調です。便秘も解消されてきたので、ぽっこりお腹もへこんできて、ダイエットにも成功と、嬉しいことばかりです。(参考:青汁とダイエットの関係性

毎日飲むのはお金がかかるなという方は、「今日の食事は野菜が少なかったなぁ」という日に飲むのもいいかもしれません。 一度、青汁生活を試してみてはいかがでしょうか。 体の中から健康を目指しましょう。

ショーシャンクの空には素晴らしい映画

  • 投稿日:
  • by

ショーシャンクの空には今まで観た映画で一番良かったのはと聞かれて、この映画をあげる人をよく見かけます。私もその一人です。

俳優さんも素晴らしいのですが、映像も、音楽も、すごく良かったです。そんなに派手な映画でもないし、冤罪、獄中で話が進むというとても暗い内容。だけど、希望に満ち溢れた、最後は爽快な気分になれる映画です。

主人公アンディ、妻殺しという冤罪で刑務所に入ります。刑務所の中では淡々と生活する、他の受刑者とは雰囲気の違う異質な人物です。そんな彼が、看守に遺産相続の助言をしたところから、務所の中の税理士的な存在になり、図書係りに抜擢されます。

そして、務所内の図書館を充実させるために努力をしていきます。私はそんな彼が、外部から送られてきた、本の中にモーッアルトのレコードを見つけ、内緒で放送室に閉じこもり、館内放送で音楽を流すシーンが好きです。

冤罪で理不尽な生活を強いられている彼が、プライドを失わず、前向きに生きようとする、そんな決意が感じられるとてもいいシーンです。私、すごく泣きました。

刑務所の空に音楽が舞い上がっていく、それを受刑者たちが気持ち良さそうに聞いているんです。彼の存在で気持ちに変化が出た受刑者が、大勢いたのではないでしょうか。

そして、20年かけて、牢獄の外へ続く穴を堀続け、そして嵐の夜に脱獄を実行します。外の世界に出た瞬間、両手を広げて喜びをかみ締めるシーンも感動でした。最後は親友レッドとの再会、二人で残りの人生を楽しく生きて欲しいと願いました。

そんなショーシャンクの空には私が見た中では断トツで本当に素敵な映画です。

購入後しばらくたった本が捨てられない

  • 投稿日:
  • by

私が捨てたくても捨てられないものは、ずばり本です。

私は10代のころから本を集める癖がありました。特に純文学系や漫画などが好きでよく書店に購入しに行っていたのですが、一つ一つの本はお安くても、その数が多くなればその分だけかかる料金も高額になってしまいます。

できるだけ費用をかけずに本を購入したいと思ったため、近くにある古本屋で本を大量に購入することにしたのです。古本であれば一冊100円台から購入できますし、いくらでも買い集められました。

古本を購入する時には、できるだけ質がよく発行された年が新しいものを購入していたのですが、それでも古本ということもあり、自宅に保存しているうちに黄ばんできてしまいました。本がどんどん劣化し、ものによっては小さな虫も発生したため、さすがにもうそろそろ捨てたいと思うのですが、どうしても捨てることができません。

もしかしたらこの先、この本を読む機会があるかもしれないと思うと、どうしても捨てる気にならないのです。ただし、このまま購入後15年以上たった本を保存しておくわけにもいきませんし、部屋のスペースも取っているため、できれば早いうちに何とか決心をして処分したいとも思っています。

最近やり始めた寝る前にやること

  • 投稿日:
  • by

普段ですと早めに寝室のカーテンは引いてしまうのですが、先日たまたま閉め忘れて、寝る前までカーテンが開けてあった日がありました。

私の部屋は窓のすぐわきにベッドがあります。ためしにカーテンを閉めないでベッドに横になると思いのほか星がよく見えることに気がつきました。これまではあまり見る余裕もなかったのですが、子供の受験もようやく終わり、そんなことをする気持ちの余裕も出来たのだと思います。

特に冬だからでしょうか。空が澄み切った感じで星がきらきらして本当にきれいです。試しにアロマキャンドルを炊いて、好きな音楽を流してみたら本当にリラックス出来ることがわかりました。

それからはお風呂からあがったら部屋をかなり暖かくして寝る前に星をみることにしました。この方法の唯一の欠点は途中で眠くなってしまうことです。それだけリラックス出来てる証拠だと思いますが、音楽はまだしもキャンドルを消してカーテンを閉めて寝ないと風邪をひいてしまいます。

それからはこの曲を聞き終わったらと決めて星を見ることにしました。最近は受験が終わって余裕の出来た子供と一緒にこの時間星を見ています。学校のこと、受験のことなどぽつぽつ話してくれたりして、親子の貴重な会話の時間にもなっています。